[利用規約&プライバシーポリシー]
[SiteMAP]

薄型プレイステーションSCPH-90000でメモカブート

いまさらですが、プレステ2を買いました。
ソフトがすごく安くなってるので。

買ったのは薄型のサテンシルバー
SCPH-90000SSです。

買ったあと知ったのですが、
プレステ2ではメモリーカードから起動する『メモカブート』というものがあり、
メモカブートするとバックアップしたゲームを起動したり、ハードディスクに入れたゲームイメージを起動したり、メモリーカードの中身をUSBメモリなどに移したり出来るらしい。

しかし、薄型PS2の最終バージョンであるSCPH-90000の後期基盤のものではメモカブート出来ないとか。
いや、チャコールブラック以外はできるとか。

そこでヤフオクでメモカブートを購入。

自分のはSCPH-90000の後期基盤のサテンシルバーですが、
試しにメモリスロット1にメモカブートのメモリーカードを挿して電源入れてみると・・

無事メモカブート出来ました。

というわけで薄型PS2買う人で、メモカブートしたい人は
後期基盤のSCPH-90000CB(チャコールブラック)は避け、
ブラック以外のシルバーなどにしたほうが良さそうです。

SCPH-90000ブラック以外のシルバーなどであっても、
メモカブートできるかどうかは責任持ちませんが。

次にハードディスク関連ですが、

プレステ用ハードディスクがあればそれにゲームをいれてメモカブートからゲームを起動することが出来ます。

まず、IDEハードディスクをUSBに変換するケーブルを使いパソコンに繋ぎます。
そしてネットで入手できる『WinHIIP』というパソコンツールを使い、そのハードディスクにゲームを入れます。
WinHIIPの詳しい使い方は他のサイトを参考にしてください。
ただ、管理者権限で実行しないと何もできなかったような気がします。

で、メモカブートし、『HD Loader』からゲームを起動します。
ゲームディスク交換の手間が省けるというわけです。

しかし、薄型PS2はハードディスクに対応していません。

薄型プレステでもUSBでハードディスクをつなげることはできますが、
それとは意味が違い、BBユニットとかブロードバンドアダプタとか言われるものを取り付けるのです。
言ってみれば内蔵ハードディスクです。

なので、ハードディスクにゲーム入れて遊びたい場合は、
SCPH-50000とかSCPH-30000などの厚型を買ったほうが良さそうです。

特にSCPH-30000の『100V 39W』のやつが部品などいいようです。

私も改めてそれを買うつもりです。

薄型プレステ2でもUSBがついてるので、
USBメモリにゲーム入れて接続し、『USB Advance』でゲームを起動出来ることは出来ましたが、
転送速度が遅いためか、ムービー再生のときに音・映像がうまく再生されませんでした。

あと、パソコンとLANで繋いだりもしてみましたが、やはりカクカクでした。

ちなみにプレステ2のUSBバージョンは『1.1』です。
最終版のSCPH-90000も1.1です。
ソニーに確認しました。

RaspberryPiをNAS化してLAN接続っていうのをやってみたかったですが、
そのRaspberryPiも以前より高くなってるみたいなので、
それでダメだったらと考えたら厚型PS2買ったほうがいいという結論です。

~追記~

厚型プレステの内蔵ハードディスクでゲーム起動についてちょっと書きますが、

パソコンで『WinHIIP』を使ってハードディスクをPS2用のフォーマットをする場合、
『パーティションが一つも作られてない状態のハードディスク』じゃないとフォーマットできないようです。
フォーマットと言うか、PS2用のパーティションを新規作成するといった感じです。

パーティション削除は『MiniTool Partition Wizard』などでできますが、ハードディスクの中身が完全に削除されます。
フォーマットでも中身削除されます。

PS2用のフォーマットをするとパソコンに繋いでも中身を見ることができなくなるので、
『WinHIIP』を使ってゲームを入れていきます。

で、メモカブートし、『HD Loader』で起動します。
ゲーム選択して、『X』ボタンで起動です。

厚型プレステで内蔵ハードディスクを使う場合にあると便利なモノたちです

SATAのハードディスクがそのまま使える

SATAをIDEに変換

SATA2.5をIDE3.5に変換

2.5 → 3.5変換に変換

この記事は2016年2月10日に投稿したものです。

2017年12月16日加筆修正

2018年11月28日加筆修正


当サイトの画像および文言・情報の無断転載を禁じます。
著作権保護法に基づき、しかるべき処置をさせていただいております。