防衛省、「宇宙巡回船」の建造検討

この記事は約1分で読めます。

今日の話題

防衛省、「宇宙巡回船」の建造検討 警戒・監視、衛星修理も(時事通信) - Yahoo!ニュース
 防衛省が、宇宙空間の警戒・監視や人工衛星の修理・補給を担う「宇宙巡回船」の建造を検討していることが分かった。

防衛省が、宇宙空間の警戒・監視や人工衛星の修理・補給を担う「宇宙巡回船」の建造を検討している。

宇宙空間を自由に航行する無人船を想定。

 宇宙空間には、役目を終えた衛星やロケットなどが「スペースデブリ(宇宙ごみ)」として多数存在し、稼働中の衛星に衝突する懸念がある。さらに、中国やロシアは他国の衛星を攻撃・妨害する「キラー衛星」の開発を進めているとされる。

 防衛省は、巡回船による警戒・監視を通じ、こうした被害を防止したい考え。軌道上を周回する衛星と違い、自由に航行できるため、より広い範囲の監視が可能となる。

 もう一つの役割は、衛星の修理・補給だ。故障や燃料切れなどに対処可能になれば、耐用年数の伸長につながる。運用に関するコスト減も期待できる。

私の感想

今の日本にそんなん作れるんでしょうかね。

中抜きされまくりの予感。

失敗しちゃった、てへ。で終わらせそう。

もはや日本にはカネも技術もなさそうですが。

タイトルとURLをコピーしました

当サイトの画像および文言・情報の無断転載を禁じます。
著作権保護法に基づき、しかるべき処置をさせていただいております。