利用規約
プライバシーポリシー
質問がある

LAKKA PC版のインストール – 初級編 LiveUSB作成 – パソコンをレトロゲーム機に

LAKKA GAME
LAKKA
この記事は約8分で読めます。

『LAKKA PC版』のインストール方法についてです。

このページはバージョン『2.3.2』を基に作成しました。
Lakkaのバージョンアップにより異なる部分があると思われます。
予めご了承ください。『Lakka ver2.3.2 はこちら

このページでは初級編としまして、『Lakka Live USB』の作成方法を書きます。
中級編 ハードディスクにインストールはこちら。

このページの内容を行うことで何らかの不具合が発生しても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任でお願いいたします。

インストール後の設定編はこちら↓です。
Lakkaの設定・使い方

LAKKAとは

Lakka』とは、エミュレーターの『Retroarch』に特化したLinuxです。

パソコンにインストールしてオールドゲームのエミュレーターなどを走らせることができます。
パソコンの性能をエミュレーターに全力で注げるため、Windows上でエミュレーターを走らせるより軽快です。
光学ドライブに対応ゲームディスクを挿れて遊べます。

この『Lakka』のようにレトロゲーム機のように振る舞うOSは、『Lakka』の他に『RecalBox』『Batocera』があります。
Lakkaは外付けドライブのファイルにアクセスできるので使い勝手が良いです。
使ってると外付けドライブにアクセスできなくなる場合がありますが、インストールし直したら再度アクセスできるようになりました。

Core2Duoでもプレステ1程度は動きました。
プレステ2、WiiはハイスペックPCでも動かなかったです。
ファミコン程度をやる場合は普通にWindows上で『RetroArch』使ってもいいかもしれないです。

あとはPS2、Wiiなどは別のエミュで
PS2エミュレーター
PCSX2
Wii・ゲームキューブエミュレーター
Dolphin

なお、ここで使用したLakkaのバージョンは『ver 2.3.2』です。
パソコンの機種やその他の環境、状態により設定できる項目に違いがあるようです。
音声ファイルや動画ファイルを再生する機能もあります。

導入・使用すべて自己責任でお願いいたします。

Lakkaをインストールする方法

基本的に、まずUSBメモリにLakkaのimgファイルをライティングします。
次にUSBブートし『LAKKA Live USB』を作成します。

USBブートのやり方はパソコンによるので調べてください。

ハードディスクにインストールしたい場合もまず『LAKKA Live USB』を作成します。
中級編 ハードディスクにインストールはこちら。

Lakka ver.3 から『Ventoy』に対応したようです。
Ventoyの場合は、Ventoy USB を作成してその中にLakkaのimgファイルを入れてUSBブートします。

用意するもの

以下のものを用意してください。

A-必要なもの

【A-1】Lakka
LakkaのPC用イメージ32bit、64bitがあります。
ver3.1は動かないのがあったので、『ver2.3.2』の方が良いかもしれません。ver3.2は改善されてましたが。

【A-2】USBメモリ
・私は8GBを使いました。ゲームイメージやBIOSなどを入れるならそれなりの容量のものを。

【A-3】imgファイルをUSBメモリにライティングするツール
Win32 Disk Imagerなどのイメージライター

【A-4】v解凍ツール

【A-5】エミュレーター関係のファイル
BIOSやROMイメージなど。

【A-6】バックアップ&復旧用意
・Windowsのインストールディスクか、システム復旧ディスク
・Windowsバックアップイメージ

B-必要になるかもしれないもの

【B-1】設定用の端末とローカルネットワーク
設定にスマホなどを使用する場合があります。

【B-2】デュアルブート設定用ツール
・NeosmartSoftEasyBCD
ダウンロードはメールの登録はしなくて大丈夫です。
EasyBCD日本語化

LAKKA Live USB を作成

必要なものが揃ったら、
パソコンでLAKKAを使う作業に取り掛かりましょう。

まずは『Lakka』のイメージファイルをダウンロード及び展開し、imgファイルを取り出します。

ver3.1はPCエンジンが動かなかったので、『ver2.3.2』の方が良いかもしれません。

ver3.2は改善されてました。

イメージファイルのライティング

imgファイルを『Win32 Disk Imager』などのImageWriterで空のUSBメモリに「Write」で書き込みます。
私は8GBのものを使用しました。
Ver2.3.2では2GBでも大丈夫でしたが、Ver3.1.0では2GBだとセクターが足らないような事を言われたので、4GB以上が望ましいかも知れないです。
他にBIOSやROMイメージも入れるならそれなりの容量のものを。

USBブートし『LAKKA Live USB』作成

次にパソコンを再起動し、『USBブート』してください。
やり方はパソコンによります。

すると『Lakka』が起動し、USBに残りのファイルなどが作成されます。
処理が終わるまでしばらく待ちます。

LAKKAが起動したら『LAKKA Live USB』の完成です。

もしも、このような画面になったら、インストーラーが起動しているので、
Lakka HD Installer
『3,Reboot』で再起動し、ブート画面で『boot』と表示されたら『live』と打ち込めば『LAKKA Live USB』が起動します。
後でインストーラーが起動しないように設定しておいてください。

LiveUSBでLAKKAを遊ぶ

この『LAKKA Live USB』でそのまま遊ぶことができます。
お疲れさまでした。

次からも遊ぶときはUSBブートでLakkaLiveUSBを起動してください。

インストール後の設定

インストール後の設定編はこちら↓

Lakka PC版の設定・使い方など
Lakka PC版の設定・使い方などLakka PC版の設定・使い方などです。このページはバージョン『2.3.2』を基に作成しました。Lakkaのバージョンアップにより異なる部分があると思われます。予めご了承ください。『...

『UEFIブート』PCでのデュアルブート

まず、EasyBCDで適当な名前でエントリを作成します。

「Add New Entry(新規に登録)」
WindowsDummy
「Edit Boot Menu(メニューの編集)」
WindowsDummy

これをやらないとOS選択画面(メトロ)が表示されないので。
このようなことをしなくても起動時に何らかのキーを押せば出せるかもしれませんが。

で、再起動するとOS選択画面(メトロ)が表示されると思います。
なぜかマウスカーソルが表示されないですが。

表示されてるOSではなく、その下の
『既定の起動設定やその他のオプションの変更』を選択します。

『その他のオプションの選択』

『デバイスの使用』

『USB Storage Device』
でUSBのままのLAKKAを起動できると思われます。

このようにメトロ経由で起動すると、パソコンに接続してある機器をLAKKAが認識しやすくなるかもしれません。

Lakkaインストーラーが起動してしまう場合

Lakkaインストーラーが起動してしまう場合は、
Windowsの『ディスクの管理』などで『LAKKA』パーティションにドライブ文字を付与し、
『syslinux.cfg』ファイルの『DEFAULT installer』となってるところを
『DEFAULT live』に書き換えてください。
文字通りインストーラーがデフォルトになってしまっているので。
そしてドライブ文字を削除すればまた見えなくなります。

ハードディスクにインストールしたい場合

ハードディスクに入れたい場合はこちら↓

LAKKA PC版のインストール - 中級編 ハードディスクにインストール - パソコンをレトロゲーム機に
このページは『LAKKA PC版』をハードディスクに入れる方法です。このページはバージョン『2.3.2』を基に作成しました。Lakkaのバージョンアップにより異なる部分があると思われます。予めご了承ください。『Lakka v...

VentoyでLakka起動

Lakka ver.3 から『Ventoy』に対応したようです。

Ventoy』というのは、上でLakkaLiveUSBを作ったように『VentoyUSB』を作り、そのUSBメモリ内に置いた[*.img]ファイルをimgファイルのままで起動出来るものです。

メリットとしては、入れ替えがたやすい、様々なイメージを置けるなどです。

例えば、Lakka、ubuntuなどのイメージファイルをVentoyを焼いたUSBメディアに置き、
USBブートでVentoyを起動し、Lakkaあるいはubuntuなどを選択して起動できます。

Ventoy livecd.iso を上でやったようにImageWriterで焼くか、
または、Ventoy-windows.zip の「Ventoy2Disk.exe」から『VentoyUSB』を作成してください。

ライティングする際はUSBメモリの中身はすべて消去されます。

で、ライティングしたその『VentoyUSB』にLakkaのimgファイルを入れてUSBブートし、
VentoyからLakkaを起動することができます。

Ventoy livecd.iso をライティングする場合、公式によると「dd mode」で、とあるので、『rufus』を使ったほうがいいかも。

まあVentoy-windows.zip の「Ventoy2Disk.exe」使ったほうが楽です。

ちょっとやってみましたが、設定も保存されてていいですね。

私のPCではBatoceraとRecalBoxは起動出来ませんでした。

2点ほど気になったのが、
設定などimgファイル自体に保存してる感じなので、他人にあげたりしない方がいいかも。
区別するためにファイル名も『ventoy_Lakka-Generic.x86_64-3.2.img』と変更しておきましょう。

2点目はブート時の外部モニターに設定する『syslinux.cfg』が編集できないところですが、
flashというディレクトリにsyslinux.cfgがあるのでSSHで編集できるかも。

『GAME』で検索
タイトルとURLをコピーしました

当サイトの画像および文言・情報の無断転載を禁じます。
著作権保護法に基づき、しかるべき処置をさせていただいております。